Review of Nutube式卓上ヘッドフォンアンプ

Nutube式卓上ヘッドフォンアンプ
Nutube式卓上ヘッドフォンアンプ

ATH-M50系列のモニターヘッドホンをリスニング用として使用したい方にオススメです。 打ち込み系の音(特にRoland音源)を非常に良く鳴らしてくれるので、ATH-M50をリスニング用として常用しているのですが、USB-DAC内蔵のアンプで聴いていて性能を持て余しているのと、モニターヘッドホンの特徴として耳が疲れ易いのが気になっていました。 そこで、増設用のヘッドホンアンプを探していたのですが、疲れ難いという謳い文句で、新技術で視覚的にも面白いNutubeが搭載されているこちらの商品を選ぶことにしました。 ATH-M50と同じドライバーユニットが使用されているaudio-technica社OEM品のRH-300とRH-A30で動作確認されているのも選んだ理由です。 実際に数週間使用しての感想ですが、ATH-M50の持ち味を良い方向に伸ばし、耳も疲れ難くなるという、まさに私の目的に適ったヘッドホンアンプでした。 目立った例えではゲーム音楽で恐縮ですが、以前の環境だと不快に感じていた聖剣伝説3のスネアドラム(特にLefthanded Wolf)が聴き易く、気持ちの良い伸びになりました。 特に欠点の無いヘッドホンアンプなのですが、敢えて挙げるとすればマイクロフォニックノイズでしょうか。 直熱管構造のNutubeの宿命なのか、筐体やボリュームツマミに触れる度にキーンという金属を叩いたような音が鳴ります。 とは言っても音が流れている際は気になりませんし、個人的には逆にNutubeとしての味があって気に入っています。 筐体デザインはサンプル写真だとそんなに感じないかもしれませんが、実物はとても美しいです。 シックな黒に塗装されたアルミと無地のアルミ、そしてNutubeが覗くアクリル、そのどれもがシンプルながら良い質感に感じます。 なお、サンプル写真ではインシュレーター(足)が装着されていますが、実際の商品には装着されていませんので、前述のマイクロフォニックノイズ対策も兼ねて前もって購入した方が良いかと思います。 筐体以外に電子部品ショップ秋月電子通商の部品が多用されており、ステレオミニジャックまで秋月電子の物ですが、製作者が秋月電子と関係深い方なのでサポートに安心できますし、部品の交換も比較的容易かもしれません。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
笹塚