EtherCAT LAN9252使用 スターターキット
new
5c545082aee1bb192c4182eb 5c545082aee1bb192c4182eb 5c545082aee1bb192c4182eb 5c545082aee1bb192c4182eb

EtherCAT LAN9252使用 スターターキット

残り1点

¥15,000 税込

送料についてはこちら

産業用通信規格であるEtherCATを評価できる評価モジュールです。 EtherCATに必要な機能を一通り持っています。 EEPROMが搭載してあり、設定を書き込むことができます。 高価な専用ソフトを使わず、Pythonで書かれた簡単なソースでGPIOx16の制御を行うことができます。 ( Linux,RaspberryPiのみに対応 ) EtherCATの特徴であるEtherケーブルで"連結できる"仕組みを使い、テスト時は3台連結し48ポートのGPIOを実現できました。 内容物 ・EtherCATスレーブボード(LAN9252) ・動作確認用 LEDボード 主な使用 ・必要電源: 5V1A (ピンソケットにピンを接続して供給) ・信号電圧: 3.3V 8mA ・GPIO数: 16ピン個別制御 ・サンプルとしてLEDボードを含みました! 本モジュールは評価を目的としており、実際に業務や工場での試験、実践的な使用に関して、いかなる保障も、いかなる問題も対応することができません。あくまで個人レベルでの研究のためのモジュールです。 EtherCATはEthernet for Control Automation Technologyの略である。ドイツ企業、ベッコフオートメーション(Beckhoff Automation)によって開発されたイーサネットに基づくフィールドバスシステムである。EtherCATの開発目標は、同期のために実時間(real time)処理が可能な低い通信ジッターで、短いデータ更新時間(cycle time)を必要とする自動化機器に、小さなデータをイーサネットを使い低いハードウェア費用で適用することである。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ★大量に欲しい方、複数台ご検討の方、商用でご検討の方は以下のご連絡まで頂ければ別途対応いたします。 購入後は先にお支払いいただく流れになります。購入後、キャンセル、返金、ご質問がある際は kitagami@artifactnoise.com までご連絡頂ければ個別で対応致します。 ご協力よろしくお願いいたします。